【神奈川県高校入試】特色検査対策でおすすめの方法はこれだ!

今回は神奈川県公立高校入試で進学校を中心に導入されている特色検査(自己表現)の対策方法を解説します。

特色検査とは?

神奈川県の公立高校入試ではさまざまなタイプの特色検査が行われます。5教科横断型の筆記試験や、作文、討論、あるいは音楽やスポーツの実技などです。

このようにあらゆるタイプの検査があるわけですが、一般的に「特色検査」と言うと、5教科横断型の筆記試験のことを指します。実施校は下の表の、横浜翠嵐、湘南、柏葉、厚木、希望ケ丘、横須賀、平塚江南、横浜緑ケ丘、川和、多摩、光陵、横浜平沼、鎌倉、茅ケ崎北陵、小田原、大和、相模原、横浜サイエンスフロンティア 計18校です。(2020年7月現在)

今回は特色検査の中でも、上記18校で導入されている5教科横断型の「特色検査」について解説していきたいと思います。

特色検査はどのような内容なの?

内容については、大問1と大問2が共通問題なのでどの高校も同じです。そして、大問3から大問7は選択問題となっており、各学校ごとに2つ選択します。受験する高校がどの選択問題を選ぶかは試験開始まで誰もわかりません。大問3と大問6を選択する学校もあれば、大問4と大問7を選択する学校もあります。試験時間は60分で100点満点の試験です。

上の表は、2020年度の特色検査を教科ごとにまとめたものです。このように、幅広い知識が問われます。5教科以外の副教科の知識も問われることがあるので、満遍なく勉強する必要があります。

また、論理思考の能力を問う問題も数多く出題されます。こちらに関しては後述しますが、要は「書いてあることを正しく読む読解力」が重要になってきます。

対策は何をすればいいの?

特色検査対策で最も多い質問はこれです。幅広い教科の知識が問われるので、何を勉強すればいいのかというものですね。そこで、優先順位の高い2つの対策に絞って説明したいと思います。

優先度1:まずは読解力のトレーニングを!

何よりも重要なことは、読解力を鍛えることです。読解力というと定義が曖昧なので、もう少し厳密に言うと「書いてある文章を正しく読み取る」ことです。国語の授業でも頻繁に言うことですが、主観を入れて読む癖があると、曲解や読み飛ばしにつながります。書いてあることを正しく読み、理解し、思考する。これができないと特色では大幅な減点につながるでしょう。

読解力を鍛えるには要約する訓練を積みましょう。たとえば当塾では、国語の授業や特色対策授業で1,000〜2,000文字の文章を、100文字以内に要約して書く練習をさせています。ただ、これは100文字に要約したものに対するフィードバックが適切でないと意味がありません。そのため、国語を指導している先生にフィードバックをもらうようにしましょう。

また、日頃の会話でも冗長的にならずシンプルに伝えるよう訓練しましょう。「要は何が言いたいの」「話が長い」と言われたことはありませんか?もしあるなら、コンパクトに短く伝えるようにしましょう。

優先度2:英語長文が読めるように!

続いては、英語です。長文の速読と和訳ができるようになりましょう。なぜなら、共通問題の大問1は必ず英語長文だからです。2019年度・2020年度ともにA4用紙3枚分の長文なので、分量の多い英語をいかに早く読めるかが鍵になります。

大問は全部で4つあるので、単純計算で15分しか時間がかけられません。英語を素早く読めないと、時間不足で後半の問題で大幅な失点につながります。また英文法の問題は少なく、ほとんどの問題が、社会や理科などを絡めた問題です。訳せれば問題の難易度は基本的なものが多いので、とにかく速読と和訳を鍛えましょう。

帰国子女や留学経験がある生徒はかなり有利ですね。具体的な対策が難しいのですが、当塾ではオンライン英会話を毎日25分やらせています。(毎回ものすごく驚かれるのですが。。)

動画は当塾の中2の生徒です。
https://okunojuku.com/online-english/

速読をするためには、アウトプット量がどれだけ多いかが鍵です。英会話が成立するためには、相手の英語を一瞬で理解しなくてはなりません。相手が話した後に10秒も考えることはできないのです。10秒も黙っていたら気まずくなりますからね。このように、一瞬で理解する訓練は英会話を通じてグンと鍛えられます。1日25分と少ない時間でもこれを毎日続ければ、ものすごく大きな力になります。

ちなみに、当塾では中2で英検2級を取得するレベルまで上がります。特色検査でも英語の問題は満点を取らせます。もちろん、5教科の学力試験でも英語は満点近い点数が取れます。誰もやらないですし、やろうとしないのですが、OKUNO塾では取り入れている勉強方法です。

ちなみに、昨年東大進学者90名以上輩出した聖光学院や女子校で全国屈指の神学校である豊島岡女子学園でもオンライン英会話は導入されています。
https://www.rarejob.com/school/highschool/

その他の対策はいらないの?

理科・社会・数学・副教科は特別な対策はいらない

5教科横断型ではありますが、上で挙げた読解力と英語の速読・和訳以外は、特別な対策は要りません。もちろん、過去問は解いてください。ただ、国語と英語以外は、学力調査の対策をしっかりと積めば、それが特色検査対策にもなります。そういう意味で、特別な対策はいらないと書きました。

まずは、学力調査で80点以上取れるよう、学力を上げていってください。翠嵐や湘南では受験者の平均点が450点あたりにいるので、90点以上取りたいです。

中3にもなると、塾の課題などで時間がかなり追われてしまいますから、そもそも特色のためだけに多くの時間を使えないのが現状です。だからこそ、国語と英語の2つに絞って特色検査の対策方法をお伝えしました。また、塾に通っていない生徒でもできる方法をお伝えしました。

なお、実際の過去問を使った特色検査解説は中学3年生向けの授業で行っております。ご自宅から受講できるオンラインLIVEコースもあるので、ぜひお問い合わせください。

特色検査は全国でも非常に珍しい試験方法ですが、しっかりと対策をして、志望校合格を勝ち取りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です