【衝撃】オリンピック中止で4.5兆円超えの経済損失

2020年3月19日、関西大学は公式ホームページにて、オリンピックの中止・延期による経済損失を発表しました。
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/

新型コロナウイルスによる東京オリンピック・パラリンピックの延期や中止を求める声が集まっている中、関西大学の宮本勝浩名誉教授は万が一、延期または中止になった時の経済的損失について計算。

その結果、延期の場合は約6,408億円、中止の場合は約4兆5,151億円の経済損失になると試算しました。

宮本教授は「経済的損失とは、大会が延期または中止になった時に発生する新たな費用と、開催により期待されていた経済効果が失われる金額の合計を意味している。諸説が飛び交っているが、延期による損失もかなり大きなものになると予想される。ましてや中止となると、日本全体では約 4 兆 5,151 億円という膨大な経済的損失になることが推測される。一日も早く「新型コロナウイルス騒ぎ」が収束し、2020 年東京大会が予定通りに開催されることを願っている」と述べています。

宮本教授はこれまでにも「第92回選抜高校野球が無観客試合となったときの経済損失」や「新型コロナウイルスの影響により失われるお花見の経済効果」などを発表しています。

なお、Twitterでは、AKIRAの予言が話題になっています。
AKIRAは東京オリンピックを目前に控えた東京を舞台にしており、東京オリンピックが決定するよりはるか前に東京オリンピックを予言(?)していたことで、東京オリンピックの開催決定直後から話題を呼んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です