2週間オンラインLIVE授業を終えて

OKUNO塾では、休校期間の遅れを取り戻すために、2週間オンラインLIVE授業を5月18日から行っていました。中学2年生27コマ、中学3年生36コマ(科目は数英理社)と、私の講師人生の中でも最も授業数が多い2週間でした。
https://okunojuku.com/2weeks-online-live-class/

連日、授業準備と確認テスト作成に追われ、毎日夜中の3時まで授業準備をしていたのですが、その中でも特に理科と社会には大量に時間がかかりました。生徒に少しでも、楽しくてわかりやすい授業を行おうとすると、やはり事前の準備に時間がかかってしまいます。

理科や社会は、名称だけ説明する授業よりも、写真や動画を一緒に見せたりする方が、生徒は楽しんでくれます。しかもその方が覚えやすいですよね。そんな思いから、つい資料集めに時間をかけてしまいます。

あとは、どこで雑談を入れるのかなども考えます。私は板書ノートをパソコンで作成しますが、生徒が疲れてくるタイミングなど、集中力が途切れやすいポイントに、雑談を入れるようにしています。そうやって、授業に緩急をつけないと、生徒たちの関心を引き付けられません。

Youtubeのような高度に編集された動画に見慣れている生徒たちは、たとえば、先生が黒板に文字を書いているたった数十秒で、意識が上の空状態になれます笑。それだけ彼らの関心を引き続けることは難しいです。

しっかりと準備をして、生徒から「へぇ〜〜!!」や「あっ!なるほどぉ〜!」というリアクションが出れば、夜中の3時までの疲れもひとっ飛びです。そうやって学ぶことの楽しさを、授業の中でいくつ伝えられるか、それが授業準備で最も意識しているポイントです。

そのため、私自身も日々、勉強をし続けなくてはなりません。スタディサプリやYoutubeなどの映像授業は今ではかなり普及しており、あらゆる先生の授業が視聴できます。実際に彼らの授業を見ながら、自分の授業に取り入れるポイントはないか、毎日そうやって板書ノートを改善していきます。

この2週間、生徒たちは朝から勉強尽くしで大変だったと思います。休みは日曜日しかありませんでした。それ以外の6日間は毎日勉強です。しかも授業を受けるだけではなく、テストまでありました。本当によくがんばりました。

この2週間、生徒たちは朝から勉強尽くしで大変だったと思います。休みは日曜日しかありませんでした。それ以外の6日間は毎日勉強です。しかも授業を受けるだけではなく、テストまでありました。本当によくがんばりました。

来週からは、学校の授業が再開します。生徒たちはこの2週間、規則正しい生活を続けていたので、それほど朝起きることは苦痛ではないでしょう。ただ、休校期間に学ぶはずだった範囲は、登校再開後に必ずしも全ての単元を習うわけではありません。

これが、私が最も危惧していることです。学べるはずだった内容が学校で学べないかもしれない。塾に入ってない子どもはどうするの?そんな思いから2週間オンラインLIVE授業を塾生以外にも行いました。

まだまだ小さな塾で、影響力もない個人塾ですが、関わってくれた生徒の学力が少しでも上がるように、そして目標の学校に行けるように、さらにコツコツ勉強する継続力を身につけてくれるように、楽しくわかりやすい授業をしていきたいと思います。

来週の月曜日からは通常授業が始まります。対面授業が再開できることは嬉しいです。やはりオンラインよりもリアルの空気感は貴重です。ほんのわずかな表情の違いや間で、理解できているかどうかが分かります。少しでも楽しくわかりやすい授業を生徒たちに提供すべく、私自身も勉強を積み重ねていきます。

2週間オンラインLIVE授業に参加したみなさん
本当にお疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です